子供のこと

産まれた時がはじめ時、児童手当貯金

児童手当

産まれた翌月からもらえる児童手当。

児童手当を貯めることで、貯まる仕組み作りができます。

児童手当はいくら貰える?

3歳未満は毎月15,000円。

3歳から中学校卒業までは毎月10,000円、支給されます。

第三子以降は小学校卒業まで、毎月15,000が支給されます。

中学校卒業までなので、誕生月によって差が出ます。

児童手当を貯め続けるだけで、中学卒業時には約200万円貯まっています。

専用口座を作ろう

児童手当は扶養する親の口座に、振り込まれます。

手続きに行った時には何も考えず、主人の給料が振り込まれるメイン口座を指定しました。

けれど、これでは児童手当も給料に紛れて、生活費として使ってしまうか、家計の貯金になりそうになりました。

子供口座を作り、毎年、誕生月にまとめて1年分を振替しています。

振替るのは面倒、忘れてしまいそうという人は、児童手当振込専用の親口座を作るのもいいかもしれません。

専用口座を作ると貯める気になる

子供口座を作ることで、子供のために貯めよう!という気持ちになりました。

漠然と貯金はしていましたが、口座を作ったことで家計の貯金とは別に子供のために貯め始めることが出来ました。

子供のお祝い、お年玉に少し家計からも足して、機会があるごとに子供口座に入金しています。

お年玉は少しだけ子供たちに渡し、自分でどう使うか考えて使っています。

貯めて貯めてドカンとゲームソフトを買う息子と、本やお菓子にちょこちょこ使う娘、性格が出てきています。

今のところ、2人ともお金をうまく使えているようです。

お金の勉強は小さい間からすることも、必要かなと思っています。

いくら貯まった?

小1の息子で、170万円貯まっています。

児童手当のみで、102万円。

お祝い、お年玉、家計からで、68万円になります。

年中の娘は、120万円貯まっています。

児童手当のみで、78万円。

お祝い、お年玉、家計からで、42万円になります。

兄妹で差があいてしまったのは、小学校入学のお祝いです。

児童手当を貯めることで、貯める土台作りになります。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村