お金のこと

専業主婦、特定口座徴収あり口座確定申告で税金還付

専業主婦確定申告

専業主婦、パート主婦で年収が65万円以下の人で、特定口座徴収あり口座での年間取引が38万円以下。

会社員の場合は20万円以下の場合、確定申告すれば特定口座から徴収された税金が還付されます。

面倒ですが数万円の税金のため、私は確定申告をしています。

特定口座徴収なしで取引すればいいのでは?と思われそうですが、もしも38万円を超えても扶養から外れないため特定口座徴収ありにしています。

特定口座徴収あり口座還付確定申告

証券口座で年間取引報告書を、確認します。

私のメイン口座はマネックス証券です。

マネックス証券の場合、今までは確定申告に添付が必要だったため証券会社から郵送されていましたが、2019年から添付の必要がなくなったためダウンロードになりました。

株の利益、損益、配当収入のすべてを含めて38万円以下なら、還付されます。

確定申告の方法

国税庁のホームページから、確定申告できます。

e-taxで申告、郵送で申告、税務署に行って申告ができます。

私はホームページで書類を作成して、提出しに行っています。

入力する項目はそれほど多くないので、それほど時間はかかりません。

私はZAIの確定申告特集を参考に入力し、翌年からはダウンロードしたデータを編集するだけで出来ています。


住民税には注意が必要

住民税は自治体によって、課税される金額が違います。

33万円以上、30万円以上などがあるようです。

私の住んでいる自治体は28万円以下でした。

損出し、損切り

特定口座徴収あり口座では、約20%の税金が引かれます。

ということは、約47万円以上利益がないと、38万円以下で税金を還付してもらった方が得になります。

38万円の場合⇒確定申告で税金が還付される分を含めると38万円の株収入
40万円の場合⇒税金は還付されないので約32万円の株収入

毎年、年末に損切りや損出しをして、38万円以下になるように調整しています。

含み損がないのが一番良いのですが、毎年なにかしら含み損をかかえているので、年末でスッキリさせています。

節税にもなりますしね。

納めないといけない税金はきちんと納めますが、返してもらえる税金があるのならそれもきっちり還付してもらいます。

申請するだけでもらえるお金
誰も教えてくれない、申請するだけでもらえるお金国や自治体など申請するだけでもらえるお金は、いろいろあります。 申請すればもらえるのですが、誰も教えてくれません。 我が家も...
ランキングに参加しています。

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村